2020年02月14日

東よか干潟(アボセット編)

 ここ佐賀の東よか干潟は今回で2回目で昨年の9月以来です。狙いは越冬しているソリハシセイタカシギ、英名でアボセットを撮ることでした。気が焦り、年甲斐もなく朝食後すぐに出かけました。 満潮まで見つけられなくて、車を止めた防波堤道路の駐車スペースに上がり三脚にカメラをセットして望遠レンズ越しに引き潮に変わった波打ち際を見ていると、2羽のアボセットが見つかりました。取敢えず証拠写真を撮り、長靴にはきかえ、三脚ごと担いで下の柵前に降りました。既に3名の若い方が撮られて居ましたので、すぐに確認出来ました。暫く撮り続けましたが、隣にやって来た女性の方にも教えてあげました。だんだん人も増えたので、先ほどの場所でダイシャクシギの群れの飛翔写真の中にミヤコドリが3羽居て、降り立ったのを撮っているので、もっと近くで撮ろうと席を譲って移動しました。その間に飛んで場所替えしたようです。飛翔写真は撮っていなかったので、残念でした。 
防波堤の駐車スペースから見つけた2羽のアボセット(上から見ると、双眼鏡等使えばすぐ分かりますね。)
2002100001.jpg















2002100007.jpg















2002100010.jpg















2002100017.jpg















2002100040.jpg















2002100056.jpg















2002100063.jpg















2002100073.jpg















2002100085.jpg




















posted by tukachan at 00:00| 山口 ☔| | 更新情報をチェックする